ブログ

シマトネリコ 植え込み 神戸市西区

投稿日:2014.10.01 | コメントをどうぞ

こんにちは、外構工事担当岡本です!

 

今日は植木職人になり、タイル貼りの済んだ現場に植木を植えに行っていました♪(タイルの部分はまた後日ご紹介します♪)

あまりにも大きな木や、木の本数が多い場合は職人にお願いするのですが、今回のように1本だけの植栽で樹高も大きすぎない物なら極力自ら植えるようにしています!勉強にもなりますしね^^

 

さて、今回植えるのは・・・

月が丘植栽015

最もポピュラーと言ってもいいかもしれません♪シマトネリコ(株立)ちゃんです^^

常緑(半常緑)樹で葉も涼しげなので、シンプル外構からナチュラルな外構まで幅広いデザインに対応する樹種です。

移植の適期は春ですが、いつでも動かせるように店舗では定期的に根を切っていますので今の季節でも動かせます。真冬や真夏は避けた方がいいですが。。。

 

早速穴をほりほりほりほり・・・

月が丘植栽006

ここで大きな石や粘土、雑草の根等を取り除きます。今回は深くまで真砂土が入っていたのでこのまま植えることができます!

 

01366b28cda9f4517ddf661add16adfc69cb574cd9

穴の大きさは根鉢に対して倍ほどの径の穴を掘ります。

今回は掘り取りの際に大きく根巻き(根鉢を麻布と麻縄で縛る事)を施してあるのでこのくらいの穴で十分です!

根鉢に関しては、あまり大きくすると重たすぎて持てません^^;
かといって小さくしすぎても根を切りすぎてしまって木に負担がかかるので、出来る限り大きな根鉢にしてあげることが理想です♪
目安は最低でも幹の径の三倍くらいです!

 

 

月が丘植栽003

せっかく穴を掘ったんですが、この穴の中で元々あった真砂土に土壌改良材を混ぜ込みます♪現場を汚さないように作業するのも大事です^^

今回使用したのはバーク堆肥(木の皮を発酵させたもの・土中の保肥性、保水性を高める)とパーライト(通気性を高める)です!

現場の土の状態や樹種によって配合量は異なりますが、今回はオーソドックスな配合で!元々の土の量に対してバーク3割、パーライト1-2割程度入れました!

せっせと混ぜ混ぜ!

月が丘植栽010

混ぜ終わったら再度穴の周りに土を出して、円形に土手を作ります!

 

013e1d8edf48abc24b43eb5017e12c412f1f0f05e3

ここで鉢を穴に戻して穴の深さをチェック!これ結構大事です!!

この時点でしっかり決めておかないと後で高さを調整するのはかなり大変です^^;
地面の高さから2-3センチほど根鉢の頭を出すようにするのが理想的です♪間違っても地面に完全に埋めてしまってはいけません。根腐れや窒息を起こして木が枯れてしまう恐れがあるのです(@_@;)

ばっちり高さが決まりました♪

月が丘植栽016

次に周りの土手を内側から崩すように、かつ土手を残しながら土を被せます。。。???(自分で言っていて何言ってるかわかりません)

次の工程を見ていただければわかるはず!こちらをご覧ください!

月が丘植栽004

水を中に張るために土手があったんですね!そうなんです!水を張りたいんです!!

こんなに水入れるの?っていうくらい入れますよ~!

これは水極め(みずぎめ)といって、泥水の中で鉢を前後左右に傾けたり、根鉢の周りを棒やスコップで突いたりしながら根鉢と土がしっかりと密着するようにする植え込み方法です!ほとんどの植木はこうやって植えます♪

ここでもう一度根鉢の高さをチェック!と同時にちゃんとまっすぐ立っているかを離れたところから見て確認します^^

おおかた水が引いたら土をかぶせて踏んで締めていきます。ぐにゅっとした感触があったらもう少し待ちます。

今回は大丈夫でした^^土をかぶせた状態で支柱を打ちます!

月が丘植栽014

ここがいいですね!

支柱は植え込みして数か月の間は無くてはならない物です。支柱をしていなければ、強風が吹いた時などに上部が煽られ、根鉢が不安定になって動いてしまいます。そうなると、せっかく新しく根を伸ばしていても切れてしまい、場合によっては木が枯れてしまいます。そのため、このような株立の木は最も太い幹を縛れる位置に支柱を持ってきて、まずは安定性を確保!次に横にだらーんと垂れてしまいがちな細い幹や、初めから変な方向に向かっているような幹を、全体の樹形を見ながら良い位置に矯正します!

月が丘植栽005

 

コンコンしたら支柱の完成!ここで気を付けないといけない事がもう一つあります!

住宅の周りには地中に排水のパイプなどが埋まっていることがありますので、間違ってもパイプに向かって打ち込むことのないように気を付けます!

月が丘植栽001

 被せた土を周りに広げ、幹を中心として、根鉢より少し大きい円形のくぼみを作ります!くぼみの周りは勾配をつけながら均していきます!くぼみにいれた茶色いものはマルチバークと言います!木の皮のチップですね。これをすることをマルチングと言いますが、こうする事で雑草の防止にもなりますし、冬場だったら霜から根を守ってくれます。夏場は直射日光から根を守り、乾燥防止にも役立ちます!見た目にも綺麗なので一石三鳥?四鳥くらいありますね^^これで作業は終了です!

外から見て見ましょう!

月が丘植栽007

 

あれ?あら?

これ途中の写真やー!!(/_;)

はい、完成写真撮り忘れてました!ショック♪

また出直します\(^o^)/

皆様にお知らせです^^

2014年10月12日(日)、緑の広場では「外構工事 お庭の相談会」を開催いたします!

駐車スペースの事、目隠しフェンスの事、ガーデンルームの事、植木の事等々、お庭廻りの事なら何でもOK!

もちろん無料ですので、是非是非お越しください!第6回nonohana marketも同時開催です♪

2014.10.12外構工事 お庭の相談会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です