ブログ

神戸市西区 外構リフォーム タイル貼り 

投稿日:2014.09.30 | コメントをどうぞ

こんにちは、外構工事担当岡本です。

恥ずかしながら風邪をひいてしまいました。。。土曜日くらいから喉がイガイガしてきたので、うがいしたりビタミンC入ってるドリンク飲んだり、精をつけるために肉を食べたり。いろいろしましたが結局遅かったです^^;流行ってるみたいなので皆さんも風邪をひかないように気を付けて下さいね!

私と会う予定のあるお客様は、私が風邪を移してしまわぬようマスクをしっかりしてお話しさせていただきますのでご安心くださいね!多少声が変になってしまっていますがそこはご了承ください^^;

 

さて、今日は先日着工していた神戸市西区の外構リフォーム現場へ!

門塀の下塗りが終わり、タイルの立ち上がりを一通り張り終えたところでした!

9.30ブログ

 

門塀が綺麗に平滑な表面に仕上がっています♪もともと細いタイル貼りの門塀に塗装を施すために、タイルの凹凸を埋めるように左官仕事をしてこのような下地ができます^^

ビフォー1

 (ちなみにビフォーはこんな感じでした)

 

この門塀はこの上の写真の仕上がりにたどり着くまでに3度も塗り重ねています。

3回目に塗るときにはグラスファイバーでできたネットを貼り、表面に割れが生じにくいようになっています。

最終の色を付けた仕上げの塗装がリシンの吹き付けと言って、比較的塗装の層が薄い仕上げになるので、下地が綺麗に平滑に仕上がっていないといけません。
下地に凹凸があると仕上げの吹き付けを行っても、その凹凸が浮き出たようになってしまうからです。

 

タイルの方も順調に進んでいたのですが、職人さんから「あ、そうや!タイル枚数ギリギリかもしれんで!」と言われ焦りました。。。

しっかり数は読むのですが、これが結構難しいです。タイルの多くはケース単位での発注になり、今回は1ケース15枚入り。

実際のところ自分が発注した枚数はギリギリの数量かなとは思っていたのですが、いつも結構な割合で1ケースくらい余る量を発注してしまいますので・・・今回はぐっと我慢してギリギリ+5枚くらいの発注にした経緯がありました^^;

在庫を持つのもあまり賢いことではありませんからねーでも足らなくなるのはもっとダメなんですが!難しいです(@_@;)

 

結局その場で1枚1枚確認して数を読むとなんとか足りそうとの事で一安心^^明日の仕上がりを見に行くのが楽しみですね!

 

来月、10月12日(日)、緑の広場では「外構工事 お庭の相談会」を開催いたします!

是非是非お越しください!第6回nonohana marketも同時開催です!

2014.10.12外構工事 お庭の相談会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です